工務店さんと打ち合わせ

先日、新築アパートの見積もりをお願いに工務店さんを訪れました。わりと近所でした。

 

一人親方の工務店で社長は60歳を過ぎたけどまだまだ働き盛りのおっちゃんでした。

 

現在アパートを手掛けていますが、もうほとんど終わっているようです。アパートの前を通ったら駐車場の舗装がされてました。

 

仕事が終わって事務所で1時間弱話をしました。

 

買い付けを出している土地を示して、参考に持って行った知り合いの新築アパートの図面をもとに協議、そしてなるべく安く仕上げてもらいたい意向を伝えました。

 

どうすれば安く建築費を抑えることが出来るかとのことで、屋根を片屋根にして、外側から見えない様にすると良いとのアドバイスが。

 

使う材料は中程度で、窓は二枚ガラスにしないと結露がするとのこと。さすがに結露は防止したいのでお願いしました。

 

基本的には(というか当然)法令順守する人間のようで安心しました。

 

ただ個人的にはあまり四角っぽいアパートは、重たい感じがして好きではないのですが、最近増えてますね。

 

入居が見込まれるなら、安価なほうが良いのですが迷うところです。

 

あと、片屋根にすると天井裏の高さが取れず、天井裏収納ロフトが出来なくなるそうです。収納ロフトはあきらめることにしました。

 

もし、予想外に安い金額が出てくれば、変更も考えますが。

 

見積もりの期限は2月末でお願いしました。今はアパートの外観を色々見ている最中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする